莫邦富事務所では、数名の勉強会から、数百名規模の講演会まで、幅広くお引き受けしております。

講演テーマ(一部)
 ・らくだの中国語と鯛の日本語
 ・中国人から見た不思議な日本語
 ・21世紀の大国・中国をどう見つめるべきか
 ・新聞だけでは読めない最新中国事情
 ・オリンピック後の中国 市民社会への模索
 ・日中政冷経熱時代の耐震型ビジネスモデル
 ・最新中国事情・21世紀の中国市場と日本企業
 ・グローバル・ソーシングの成功に向けて: 中国オフショア委託の秘訣
 ・中国の心をつかんだ企業戦略
 ・中国進出企業の実情と問題解決法
 ・日中はなぜわかり合えないのか
 ・日本企業はなぜ中国に敗れるのか
 ・悪化する日中間の展望について
 ・第二の長江デルタを探せ〜中国経済の次の成長地域とポイント
 ・成長する中国との賢いつきあい方
 ・地方は中国人観光客をどう誘致すべきか
 ・日本の観光業は中国人の心をつかめるか
 ・全国ネットワーク化が待たれる中国物流システム
 ・中国の自動車産業と市場
 ・中国から見る新たな留学生政策



講演情報
◆ 2006年6月8日(木)正午より、経団連会館12階ダイヤモンドルームで行われた経団連クラブ第407回会員昼食会で講演をいたしました。
 靖国問題や東シナ海ガス田問題など外交上の難題を多く抱え、不安定な状態が続く日中間ですが、日本にとって最大の貿易相手国となった中国と今後どのように関係改善をすべきかなどについて自らの持論を熱くアピールしました。講演には、
 福原 義春  (株)資生堂名誉会長
 神尾 隆   トヨタ自動車(株)相談役
 石嶺 幸男  (株)第一生命経済研究所社長
 上野 博史  農林中央金庫理事長
 植村 裕之  三井住友海上火災保険(株)社長
 江崎 格   商工中金理事長
 大川 澄人  日本政策投資銀行副総裁
 興津 誠   帝人(株)会長
 角川 歴彦  (株)角川ホールディングス会長
 栗林 定友  栗林商船(株)会長
 近藤 鎮雄  (株)商船三井最高顧問
 合田 宏四郎 (財)日本ガス機器検査協会理事長
 篠田 信義  日本酒類販売(株)社長
 中本 光夫  (社)日本船主協会理事長
 西本 昌道  有機合成薬品工業(株)社長
 野見山 昭彦 新日鉱ホールディングス(株)会長
 森本 昌義  (株)ベネッセコーポレーション社長
 渡邊 洋三  丸八倉庫(株)社長
 …といった方々をはじめとする170名近くの企業経営者や役員がご出席くださり、主催側によれば、ここ数年来で一番の盛況だったとのことでした。

◆ 2006年3月15日(水)、品川プリンスホテルで開催されたソフトブレーンセミナー(参加者200名)での講演(演題:中国の心をつかんだ企業戦略)は、おかげさまで好評をいただくことができました。ここで参加者から寄せられた声を一部ご紹介いたします。
・「日本企業の中で、中国に進出したところが意外と中国文化、
 漢字文化に配慮がないのは驚きました。」
・「普段気づかずにいる自分中心に考えていること、驕りについて指摘された。」
・「分かりやすい内容で具体性がある講演で非常に参考になりました。」
・「中国の現代文化の理解に大変役立った。日本近代史への理解の深さにも尊敬できる。」
・「実にすばらしい内容でした。実例に則し、その問題点に鋭く突っ込むお話は
 説得力がありました。良いお話を伺えました。」
・「日本と中国は同じような文字を用いているだけで、その他の考え方、
 とらえ方は全く異なるということがわかり、大変勉強になりました。」
・「自分自身が中国に抱いていた感情の原因が理解できた。
 日中が今後やるべき方向性を見せられた気がして、大変有意義だった。」