莫邦富(モー・バンフ)

 【肩書】
  作家・ジャーナリスト

 【血液型】
  A型

 【趣味】
  旅行

 【好きな言葉】
  一葉落ちて天下の秋を知る
  (一葉落,知天下秋)
    『淮南子・説山訓』より



※1 1979年の経済改革・開放政策実施以降、中国本土より海外に出国した、永住傾向の強い中国人のこと。それ以前に海外に定住した華僑は「老華僑」とよばれる。

※2 密航者をあっせんするブローカーのこと。スネークヘッドとも呼ばれる。「長蛇の列」をなして海外へとむかう「人蛇」たちの先頭にたつ者、の意。


■莫邦富(モー・バンフ)プロフィール

作家・ジャーナリスト。1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。日本にて修士、博士課程を修了。95年、莫邦富事務所を設立。知日派ジャーナリストとして、政治経済から社会文化にいたる幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭」といった新語を日本に定着させた。また日本企業の中国進出と日本製品の中国販売に関して積極的にアドバイスやコンサルティングを行っており、日中の経済交流に精力的に取り組んでいる。

『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『新華僑』、『鯛と羊』、自分自身の半生を綴った『これは私が愛した日本なのか』、『中国ビジネスはネーミングで決まる』などがある。2002年から2011年にかけて朝日新聞土曜版にて連載コラム「mo@china」が掲載された。

現在、ダイヤモンド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」、プレジデント社『プレジデント』にて「本の時間」(新刊書評)などのコラムを連載中。

博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。ニューコン株式会社(IT企業)社外取締役。一般社団法人 日中経済交流協会顧問。安徽省観光大使。


主な著書一覧

『この日本、愛すればこそ――新華僑40年の履歴書』(岩波現代文庫)
『世界シェアNo.1を獲得した顧客戦略』(中経出版)
『中国最新市場22の地方都市』(海竜社)
『莫邦富の中国ことわざ玉手箱』(時事通信出版)
『「中国全省を読む」事典』 (新潮文庫)
『中国ビジネスはネーミングで決まる』(平凡社新書)
『日中「アジア・トップ」への条件 謙虚になれ中国、寛容になれ日本』(朝日新書)
『二十一世紀の大国中国を読む「新語」』(日本放送出版協会)
『中国は敵か、味方か―21世紀最大の市場と日系企業』(角川書店)
『日中はなぜわかり合えないのか』(平凡社)
『これは私が愛した日本なのか〜新華僑三〇年の履歴書』(岩波書店)
『中国人から見た不思議な日本語』(河出書房新社 のち、日経ビジネス人文庫)
『ノーと言える中国』 宋強著 共訳担当(新潮文庫)
『蛇頭(スネークヘッド)』(草思社)
『新華僑〜世界経済を席捲するチャイナ・ドラゴン』(河出書房新社 のち、中公文庫)
『独生子女(ひとりっこ)』(河出書房新社)
など。